【子連れ再婚(ステップファミリー)】イメージと実態

イメージが悪い理由と実態


「子連れ再婚(ステップファミリー)」で検索をかけてみると、当事者には耳の痛いネガティブワードばかりが出てきます。


なぜなのでしょうか?


子連れ再婚(ステップファミリー)のイメージ


子連れ再婚(ステップファミリー)に関する情報をネットで見てみると、情報交換の場では様々な意見が書かれていました。


子連れ再婚(ステップファミリー)のイメージと、気を付けるべきポイントについて考えていきたいと思います。


子どもを振り回しているイメージ


子連れ再婚(ステップファミリー)は、このイメージが一番強い印象でした。

子連れ再婚を反対する方や、子どもの立場で辛い思いをしてきた当事者は、「子どものため」「父親(母親)をつくってあげたい」という言葉に違和感があるようです。


一番印象に残っているのは、子どもの立場から


「子どもが親のために我慢をしているのに、子どものためと言われたら腹が立つ」


という意見でした。

子連れ再婚(ステップファミリー)を考えている方は、もし「子どものために再婚する」という気持ちがあるのであれば、もう一度よく考えてみましょう。


その再婚は本当に「子どものため」でしょうか?


親は〈つくってあげる〉ものではありません。


子どもに対して「パパほしい?」「ママほしい?」の質問は完全なNGワードです。要注意ですね。



自分の恋愛を優先しているイメージ


子連れ再婚(ステップファミリー)は、大人の恋愛に子どもが巻き込まれるイメージが強いので、

「子どもより、自分の恋愛を優先している」という意見が多いようです。


子連れ再婚(ステップファミリー)の始まりは、ほぼほぼ恋愛からのスタートですので「優先」というイメージが強いのかもしれませんね。

子連れ再婚(ステップファミリー)は、決して「恋愛優先」にしているわけではなく、「子ども第一優先」で頑張っている方が大半なので、悔しいですが、まだまだ認知度が低いので仕方がないのかなと思います。


子連れ再婚は、まず自分が経済的自立、精神的自立ができていないと、さらに厳しい現実が待っています。


まずは、自分と向き合って、子連れ再婚に関する情報を集めてみてくださいね。



血のつながらない子どもをいじめるイメージ


子連れ再婚家庭(ステップファミリー)は、虐待のニュースのイメージが強いようです。

決して 「子連れ再婚=虐待」」ではありません!


M-STEP理事長新川てるえの著書を読んだ方ならピンとくるでしょう。



物語のシンデレラに登場する継母(ママハハ)が意地悪で、シンデレラと実の娘たちと差別するイメージが払拭できない

とっても分かりやすい表現ですね。



子連れ再婚(ステップファミリー)の心臓部にあたる問題だと感じています。

子連れ再婚(ステップファミリー)は、ひとつの家に2世帯が住んでいるのと同じです。

好きなものや習慣が違うのは当たり前ですので「差別」ではなく「区別」しましょう。


「区別」は子どもの気持ちや、やりたいことを尊重しているということです。家族だからといって全て同じにする必要はありません。


自信をもって「大人として」子どもの成長を見守りましょう。



子連れ再婚(ステップファミリー)の実態は?


子連れ再婚(ステップファミリー)のネガティブイメージを大きく3つ書きましたが実際はどうなのでしょうか?


子連れ再婚(ステップファミリー)当事者からカウンセリングや交流会でのお話しから

抜粋してまとめてみました。



「悪い情報ばかりが ひとり歩き」


子連れ再婚(ステップファミリー)は、たしかに簡単ではありません。


友達や家族に愚痴や弱音は吐きやすいけれど、幸せなことや自慢は言葉にしづらい日本人の特徴です。


子連れ再婚(ステップファミリー)は、良い情報も、悪い情報も、両方社会に全く浮上していないので

ネガティブなイメージだけがひとり歩きしてしまっているようです。



「スーパーマジメか スーパーポジティブか」


子連れ再婚(ステップファミリー)は、どのパターンでも、男性、女性関わらず血のつながらない子どもを育てるために、本気で頑張っているからこそ、真剣に悩みを抱える人が多いように思います。


これまで約10年、コミュニティに参加して当事者のお話しを聴いてきましたが、スーパーポジティブの人の方が幸せに生活しています。



「悪いことでも 恥ずかしいことでもない」


芸能人もたくさん子連れ再婚していますね。

「血のつながらない子どもと一緒に暮らすのは大変」と分かりながらも具体的に何が大変なのか想像できないのが現実問題です。


「具体的な情報がない」それがネガティブイメージに繋がっているのかもしれません。



子連れ再婚(ステップファミリー)イメージのまとめ


子連れ再婚(ステップファミリー)は【劣った家族】としてネガティブなイメージばかりがひとり歩きしています。


実際は、全くそんなことありません。常識人であり「子ども優先!」「子ども第一!」の方ばかりです。


子連れ再婚(ステップファミリー)を焦ってしまう気持ちは理解できますが、子連れ再婚生活をスタートする前に、とにかく情報を集めて、パートナーと話し合うことが必須です。



嫌な気分の時は


子連れ再婚(ステップファミリー)をやっていると、思わぬハプニングが続出します。


わたくしも実際ネガティブな言葉や、炎上しているコミュニティのご意見を受け止めていると、気持ちがどんよりしてしまいますが切り替えていきましょう。


子連れ再婚は「自分へのご褒美」や「自分の癒し」は絶対必要です!


わたしは、月に一回「サロンの日」をつくっています。


美容室、マツエク、ネイルサロン、マッサージ、なんでもいいので気分転換できることをします。


自分が充実していると、ネガティブな言葉は不思議と気になりません。


子連れ再婚(ステップファミリー)は、スーパーポジティブに!

まずは自分を充実させましょう。