【子連れ再婚(ステップファミリー)】お金の問題

子連れ再婚(ステップファミリー)は、再婚生活をスタートさせる前に話し合っておくべきポイントがいくつもあります。

その中で、一番気になる「お金のはなし」を書きたいと思います。



子連れ再婚(ステップファミリー)お金の落とし穴


子連れ再婚(ステップファミリー)は、相手の貯金額や支払いなどの経済的な事情をしっかり確認してからスタートさせないと大変危険です。

子連れ再婚(ステップファミリー)をスタートさせてからのお金の問題は地獄です。


子連れ再婚(ステップファミリー)は、「お金の問題」で悩む方が多くいらっしゃいます。



隠されていた出費


  • 実はパートナーが「元配偶者」の借金を返済していた

  • 実はパートナーが「親」の借金を返済していた

  • パートナーが養育費を支払っていることは知っていたが、金額までは知らなかった

など、問題になる前に、聞いておくべきことはしっかり確認をしましょう。



誰も気が付かない出費ポイント


初婚同士でつくられる一般家庭の場合は、イチからのスタートとなりますが、子連れ再婚家庭は、元々あった家庭にどちらかが入ることになります。


パートナーが元配偶者と建てた家に住んでいるケースでは…


  • 住宅ローンの返済がストレス。

  • 元配偶者がそろえた家具や食器の趣味が自分と違うので買い替えたい。

  • 寝具は絶対に買い替えたい。

  • 元配偶者が使用していたものをいっきに処分して我が家から持ってきたものを置きたい。

などが、問題になっているようです。


子連れ再婚(ステップファミリー)をスタートさせてから気付く問題が多いことが分かります。


お付き合いの時点で、自分(子ども)が住む家の環境をしっかりチェックしておくことをおすすめします。


買い替え出費は子連れ再婚(ステップファミリー)において気付かないポイントです。

パートナーと相談して、買い替え心機一転しましょう!



子連れ再婚(ステップファミリー)子どもが増える


子連れ同士の場合や、夫婦の子ども(セメントベビー)が1人増えると、経済的な負担が絶対的に増えます。


子ども一人にかかるお金


文部科学省のホームページを見ていただけたら記載してありますが、


「子ども一人にかかるお金」は、

合計717万円(小学校192万円、中学校146万円、高校137万円、大学242万円)です。


子連れ再婚(ステップファミリー)は、

子ども一人に必要な基本的なお金と、子どもなら起こりうるであろう出費

(物を壊す、サイズ変更での買い替え、ゲーム、おもちゃなど)

を、しっかり頭に入れたうえでスタートさせましょう。


子連れ再婚(ステップファミリー)になると、子どもたちの成長に比例して学費、食費、生活費が大きくなります。



子連れ再婚(ステップファミリー)の引っ越し


子連れ再婚(ステップファミリー)は子どもを抱えながらのお引っ越しになりますので、とても大変です。


パートナーと新居を探す方、パートナーの家に引っ越す方、さまざまだと思いますが、今はインターネットの時代なので負担を軽減させながら時間と心に余裕をもってお引越ししましょう。


少しでも安く、お金をかけずにスタートさせたいですね。


子連れ再婚(ステップファミリー)のお引越しは、子どものタイミングに合わせましょう。

できることなら、学年が変わる年度末が望ましいです。


しっかりお友達に、最後の「さようなら」のあいさつができるように、子どものメンタルを大切にしましょう。


喪失感でいっぱいの子どものフォローをお忘れなく…





子連れ再婚(ステップファミリー)お金の問題【まとめ】


子連れ再婚(ステップファミリー)のお金の問題、イメージができましたでしょうか?

子連れ再婚後の、アクシデントやトラブルはどうしようもないので必ず事前に考えておくべきことです。


今の時代、無料で相談に行けたり、無料で資料をもらえたりします。ぜひフル活用してください。

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。


動画でもおはなししていますので、ぜひご覧くださいね。